「ゆり」が来た日
今日は「ゆり」がうちに来た日の事を
書こうと思います。

この子が「ゆり」
5か月の女の子です。
DSC_1625_convert_20170131163930.jpg

昨年11月のこと、
翌日に幼稚園の行事で必要な「花」を買いに
近所の花屋さんへ行きました。
そこで、出会ったのが「ゆり」一家です。
花屋のオーナーが一家まとめて保護されていました。
母猫と子猫4匹。

ちょうどそのころ、
先住猫の「しま」が7か月頃で
噛み癖がひどく
娘は毎日「しま」に噛まれていました。
手や足は傷だらけ。
でも、「しま」と遊びたい娘は
ついついちょっかいを出してしまい
また噛まれる・・・。

どうにかしたいけど
どうすればいいのか。
迷いながらも
もう一匹猫を飼うことを考え始めていました。

そんな時、
偶然花屋で「ゆり」一家と出会い、
他の子猫は威嚇していたのに、
「ゆり」はずっと寝ていて
この子はなんだか大人しいな~
この子なら大丈夫かな~と思い、
その日に「ゆり」をいただいて帰りました。

「しま」は生後1か月の捨て猫
「ゆり」は生後2か月の野良猫
野良猫・・・

大人しいな~と思っていた「ゆり」も
やっぱり野良猫で
帰宅後は「ハーッ!!」「ハーッ!!」と威嚇。
結局、
その日はご飯も排泄もせず、声も発せず・・・。
とにかく
そっと、見守ることにしました。
DSC_1068_convert_20170131163813.jpg

そして、数日後。
「しま」と「ゆり」初対面。
「しま」がちょっとだけ高い位置で「ゆり」を見つめています。
DSC_1078_convert_20170131163850.jpg

「ゆり」はかなり堂々としていて、
写真はありませんが、
どんくさい臆病な「しま」が逃げ回ること数日。
DSC_1087_convert_20170131163911.jpg

「ゆり」はやんちゃで
元気いっぱいな女の子。
うちに来た日は一度も声を出して鳴きませんでしたが、
今はとても大きな声で鳴くので
ちょっと困りますが、
それでも
縁があってうちに来た「ゆり」。
今では本当の兄弟猫みたいに「しま」とも仲良くなり、
何より2匹で遊んでくれるので
娘が「しま」に噛まれることもほとんどなくなりました。
DSC_1172_convert_20170131163947.jpg

「しま」はママを守るためにうちに来たそうです。

「ゆり」は娘が「しま」に噛まれないように、
そして「しま」が寂しくないように「しま」の妹として
うちに来たんだね。

何より、
家の中が
少しだけ
明るくなったように感じます。

「みぃ」「しま」「ゆり」
我が家の大切な家族になりました。

これからも、
よろしくお願いします。
[2017/01/31 17:17 ] | しまゆり | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>